注文住宅を建てる場合の人気地域

ホームへ戻る > 注文住宅を建てる場合の人気地域

中古住宅だと固定資産税も安くなる?
一戸建てに対する想いの強さ
気候をよく理解した、地元密着型の工務店
地元に根付いた工務店
ハウスメーカーと工務店の違い

奈良県は近畿地方のほぼ中央部を占める県です。古くは政治、文化の中心地として栄えていました。現在では京阪神および中京の二大経済・都市圏に隣接しているため、経済生活、精神文化で影響を受けている地域です。


気候は温暖な地域が多いですが、同じ県内でも北部と南部では気候の差があり、北部では、平均気温14.3℃で降雨量も目立って多くはありません。しかし南部の山間部では、平均気温は11℃~14℃とそれほど違いは見られませんが、降水量が多いところでは年間5000ミリメートルと、とても降水量が多い地域にあたります。

県人口は以前減少傾向にあった時期もありますが、現在では京阪神大都市圏の膨張と、それに対応する県内の住宅開発などが考えられ、人口増加の傾向にあります。交通は北部地域では古くから京都、大阪へと続く道路が発達しました。


現在では国道24号,25号,163号,166号が、高速道路は名阪高速、西名阪自動車道、南阪奈道路などが通っています。鉄道は、JR関西本線、奈良線、桜井線、和歌山線などが通っています。


この県で注文住宅を建てる場合の人気地域は奈良市、生駒市、橿原市です。注文住宅を建てる場合、通勤、通学に便利な地域というのが重要となります。京阪神大都市圏の膨張によって、この奈良に注文住宅を持つ人が多いのも特徴です。