伝統の家づくりの出来る工務店・一戸建て・注文住宅のご紹介サイト

伝統の家づくり伝統の家づくりとは、人間の行動・発言・思考及び慣習に見出される歴史的存在感を総称した家づくりのことです。


または、人間の生存・生活の中に長い歴史を通して表される種々の慣習や形式、価値観を総体的に指し、狭義には、個々の集団が個別に有する慣習、形式、価値観を指します。


伝統とは、それまでの歴史の中で形成されて来た種々の形態の中から、"特に重んじて次世代に継承すべきもの"に対する精神的な立場を指します。


また、家族を主体とする伝統とは、(狭義では)ある血縁集団における種々の形態の次世代への継承を指しますが、 家族制もしくは氏族制の元で特定の家族が覇権統治の主体となる伝統を持つ集団もあり、主たる家族の伝統が他の広義に亘り影響を及ぼします。

伝統の美しさに、現代の意匠との融合が生む、新しい日本の「美」。いつまでも変わることなく快適に。

昔からある家づくりを現代の家づくりに生かし、融合させ伝統を継承する。


土壁と木の家でつくられた伝統工法の家は、夏は涼しく過ごしやすい環境となり、冬は暖かく、木は成長していき、土壁は音を吸収し、住み心地の良い家ができます。

それは、古くからある人間の知恵の進化を身近なもので表現し、環境・習慣に見出した歴史的存在感と言えます。


伝統は、人間の長い歴史の中に表される種々の慣習や形式、価値観などで特に重んじて次世代に継承すべきものです。

歴史的存在感としての伝統とは、人間の生存・生活そのものなのです。

それを一戸建てや注文住宅に反映する事で、住みやすい快適な空間が演出されるのです。